保健課(郡家保健センター)

主な業務の内容

保健係 保健福祉、各種健診
介護保険係 高齢者福祉、在宅福祉、介護保険

窓口のご案内



保健課(郡家保健センター)電話:0858-72-3566  ファクシミリ:0858-72-3565
・開庁時間:平日 午前8時30分~午後5時15分
・閉庁日:土・日曜日、祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

お知らせ・新着情報

[2022.02.24]

小児(5~11歳)の新型コロナワクチン接種について

予防接種法その他関連法令に基づき、小児の新型コロナワクチン接種を実施します。

以下の事項をよくご確認のうえ、予約・接種されますようご案内します。

参考資料

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省リーフレット)[PDF:3.72MB]

小児接種(5~11歳)新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)

接種対象者

5歳以上11歳以下のお子様

※5歳になる誕生日の前日から12歳の誕生日の前々日まで接種可能です。

例1)5歳の考え方…5月3日が5歳の誕生日の場合、5月2日から5歳となります。

例2)11歳の考え方…5月3日が12歳の誕生日の場合、5月1日までが11歳となります。

接種内容

ファイザー社製の5~11歳用のワクチンを使用し、2回接種します。

ワクチンは筋肉注射のため、上腕の三角筋に接種します。肩を出しやすい服装でお越しください。

※2回目の接種は、必ず1回目の接種から3週間後(3週間後の同曜日・同時間・同会場で)に受けてください。
3週間後の予定を確認してから、ご予約下さい。

11歳から12歳になるお子様の接種ワクチンについての注意点
  • 1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目も小児用ワクチンを接種してください。1回目のワクチンを接種したら可能な限り、12歳になる前に2回目接種を終えるようにしてください。
  • 1回目のワクチン接種前に12歳を迎える場合は、12歳以上用ワクチンを接種してください。
  • 年齢基準により、12歳の誕生日の前々日までは小児用ワクチンを接種しますが、前日からは12歳以上用ワクチンを接種します。
接種義務

なし(12歳以上は努力義務あり)

※5歳以上11歳以下の小児の新型コロナワクチン接種は、予防接種法上の「努力義務」の対象とされておりません。 接種については、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について正しい知識を持った上で、保護者の方の意思に基づいてご判断ください。

※「努力義務」とは、特定の予防接種について、接種の対象者や保護者に「受けるよう努めなければならない」「受けさせるため必要な措置を講ずるよう努めなければならない」と定める予防接種法上の規定で、接種を強制するものではなく、努力を求めるものです。

接種費用

無料

接種場所
町内医療機関の場合

中山小児科内科医院、花木こどもクリニック

町外医療機関の場合

麒麟のまち圏域小児用新型コロナワクチン接種実施医療機関一覧[PDF:356KB]の医療機関、その他の医療機関がかかりつけの場合、医療機関又はかかりつけ医にご相談ください。

接種期間

令和4年9月30日(金曜日)
接種期間を過ぎると、接種できませんのでご注意ください。

予約方法
  • インターネット:予約専用ページ[外部リンク](24時間予約可能)
  • 電話(八頭町新型コロナワクチン接種コールセンター):0858-72-1133(平日午前9時~午後5時)

※接種予定日の7日前で予約を締め切ります。

※1回目・2回目ともに予約が必要です。1回目が終わったら、必ず2回目の予約をしてください。

ワクチン接種時に持参するもの

接種の際は保護者の方の同意と同伴が必要です。

  1. 予防接種済証
  2. 予診票(事前にボールペンで必要事項を記入)
  3. 母子健康手帳
  4. 本人確認書類(健康保険証など)
  5. お薬手帳(お持ちの方のみ)
ワクチンに関する相談先
ワクチン接種の予約・接種場所・時間等の相談

八頭町新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0858-72-1133
ファクシミリ:0858-72-3565(お電話によるご相談が困難な方)
受付時間:平日 午前9時~午後5時

ワクチンの副反応や効果、かかりつけ医がいない等、ワクチンに関する専門的な相談

県新型コロナワクチン相談センター
電話:0120-000-406
ファクシミリ:0857-50-1033
受付時間:午前9時~午後5時15分(土日祝を含む)

持病がある等、自らの体調への不安、ワクチン接種後の副反応を疑う 症状等の相談

かかりつけ医

その他
  • 新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医にご相談ください。 同時または前後2週間は、原則、他のワクチンを受けることはできません。他の期限が迫っている予防接種があるお子様は、接種間隔を考慮し、接種の順番を決めましょう。
  • 周りの方に接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な対応をすることはあってはなりません。身体的な理由や様々な理由で、ワクチン接種できない方もいます。ワクチン接種に関連した差別や偏見、いじめなどが起きることがないよう十分なご配慮をお願いします。
  • 12歳になっても新しい予防接種済証・予診票は送付しません。このままお使いください。

▲ページの上部へ