土砂災害とは

●がけ崩れとは
 豪雨や地震により地盤がゆるみ、急な斜面の土砂が崩れ落ちる現象です。斜面の崩壊は突然起こりスピードも速いので、人家の近くでがけが崩れると逃げ遅れる人も多く、人的被害が出やすくなります。

山崩れが起こりやすい斜面

山の斜面に亀裂やわき水がある
岩石がもろく崩れやすい地質である
過去に山崩れがあった
山崩れがあった場所に隣り合っている
急斜面で、軟弱な地盤がある
水の集まりやすい斜面地形である
ときどき落石がある


●土石流とは
 谷底にたまった土砂や山腹から崩れだした土砂が、大雨などによる水と一体となって、その重みで急な谷を一気に流れを下ってくる現象です。
 急流の川がある所や扇状地で起こることが多く、スピードが速く破壊力も大きいため、一瞬で人家や田畑など広範囲に大きな被害が出ます。
土石流が起こりやすい渓流

渓流の勾配が急である
渓流に大きな石がごろごろしている
たくさんの土砂が堆積している
上流が山崩れなどで荒れている
過去に土石流があった


●地すべりとは

 山すそや丘陵地などの緩やかな斜面などで、粘土層のような地中のすべりやすい地層に雨水などがしみ込み、その地層を境に地面がゆっくり動き出す現象です。発生は広範囲にわたり、人家や田畑、道路などに大きな被害が出ます。

地すべりが起こりやすい山の斜面

過去に地すべりがあったところで、今も少しずつ動いている
わき水や地下水が豊富である
断層があるところやもろく崩れやすい岩石がある
火山作用あるいは温泉の作用で粘土化した土がある


出典:鳥取県ホームページ 鳥取県の防災 土砂災害の基礎知識

防災マップとは トップへ

▲ページの上部へ