台風とは

●台風とは
 熱帯地方で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼び、このうち、中心付近の最大風速が17.2m/s以上のものを台風と呼びます。

●強風域と暴風域とは
 強風域:平均風速15m/s以上の風が吹いている範囲
 暴風域:強風域の内側で平均風速25m/s以上の風が吹いている範囲

●台風の強さと大きさ

強さ

大きさ

階級

最大風速

階級

風速15m/s以上の半径

強い

33m/s~44m/s

大型

500km~800km

非常に強い

44m/s~54m/s

超大型

800km以上

猛烈な

54m/s以上

-

-


●台風のコースと影響
 台風は、進行方向の右側では、風が強く吹き、左側では風が弱められる傾向にあります。
 鳥取県では、台風が日本海側を通過する場合は、大雨にはなりにくく風が強く吹き、太平洋側を通過する場合は、日本海側から雨雲が入ってくるため大雨になる傾向があります。

出典:鳥取気象台 ホームページ

防災マップとは トップへ

▲ページの上部へ