町議会の仕組み・構成

町議会は、皆さんから直接選挙によって選ばれた町議会議員で構成されています。町の予算や条例などを論議し、八頭町の重要な意思を決定する機関であり、町議会は「議決機関」と呼ばれています。
また、町長は、町議会の決定に基づいて町政を進め、「執行機関」と呼ばれています。


議会議員
議員の定数は、地方自治法で人口区分(最近の国勢調査)により数の範囲が決められており、町の条例で定めることとされています。
 現在、八頭町の議員定数は、16人です。


議長と副議長
議長と副議長は、議員の中からそれぞれ1人を選挙によって決めます。
議長は議会を代表し、議事を整理し、議会の事務処理をします。
副議長は、議長に事故があるとき、議長が欠けたときに議長の代わりを務めます。


委員会
議会で取り扱う問題は、複雑多岐にわたっています。これらを専門的かつ、効率的に審査等を行うため、委員会を設けています。委員会には、常任委員会と議会運営委員会、必要に応じて設置される特別委員会があります。


常任委員会

名称 定数 所管事項
総務教育 8人 出納室、税務課、総務課、選挙管理委員会、企画課、男女共同参画センター、議会事務局、監査委員、人権推進課及び教育委員会の所管に属する事項並びに他の委員会に属さない事項。
産業福祉 8人 福祉環境課、福祉事務所、保健課、産業観光課、農業委員会、地籍調査課、建設課及び上下水道課の所管に関する事項。
議会広報 7人 議会広報、議会広聴に属する事項。

議会運営委員会

構成 定数 所管事項
議長が会議に諮って
指名する
6人 議会の運営に関すること。
会議規則、委員会条例等に関すること。
議長からの諮問に関すること。

議会事務局
町議会の仕事を円滑に処理するため、議会事務局が設置されています。現在、3人の職員で構成されており、本会議の会議録作成など、さまざまな議会運営の事務を行っています。