国指定重要文化財
指定年月日:大正12年3月28日

青龍寺(せいりゅうじ)の宝物館に納められている立像。持国天は東方の守護神、また多聞天(毘沙門天)は、北方の守護神で災難よけの神です。いずれも鎌倉時代の寄木造りの極彩色で、高さが台座共に1メートルあり、持国天の胎内には、「正安三年(1301)辛丑正月廿五日仏師隆円」の銘があります。

持国天立像(じこくてんりゅうぞう) 多聞天立像(たもんてんりゅうぞう)



所在地

鳥取県八頭郡八頭町下門尾

連絡先

青龍寺 TEL.0858-84-2866(新興寺)