耐震の促進

八頭町を震災に強いまちに!!

木造住宅耐震

平成7年の阪神・淡路大震災において、地震による直接的な死者のうち、その死因の9割の方が家屋の倒壊などによる圧死でした。

また、平成28年4月の熊本地震では、昭和56年6月以降の新耐震基準であっても、平成12年6月1日の一部基準改正より前に建築された住宅の多くに被害が発生しました。

木造住宅耐震関係補助制度

地震に対する安全確保について町民の皆さんの意識向上を図り、大切な命、財産である住宅を守ることを目的として、住宅の耐震診断・耐震改修設計・耐震改修等工事にかかる費用の一部を補助します。

※木造住宅耐震化関係の補助制度等のページに移動します。

危険ブロック塀の除去・改修

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、ブロック塀が倒壊し尊い命が犠牲になりました。

また、倒壊したブロック塀は道路をふさぎ、被災者の避難や救助活動に支障をきたしました。

ブロック塀除去・改修補助制度

地震発生時におけるブロック塀等の倒壊などによる災害を未然に防止することを目的として、ブロック塀の除去及び改修にかかる費用の一部を補助します。

※ブロック塀の除去・改修補助制度及び点検等のページに移動します。


【お問合せ先】

総務課防災室
電話:0858-76-0203
FAX:0858-73-0147

▲ページの上部へ