警戒レベルの表

警戒レベル4で全員避難

危険度を知らせる「5段階警戒レベル」




 警戒レベルは、逃げ遅れにより多数の犠牲者を出した西日本豪雨(H30)で「防災情報が複雑で分かりにくい。危機感が住民に伝わらなかった。」などの反省を踏まえ、5段階の数値によるレベル分けで避難のタイミングを分かりやすくしたものです。
 警戒レベル3で高齢者等は避難開始、警戒レベル4で全員が避難してください。

警戒レベルととるべき行動

警戒レベル

避難行動等

備  考

警戒レベル5
【災害発生情報】


命を守る最善の行動
 ただちに命を守る最善の行動をとってください。  既に災害が発生している可能性が極めて高い状況です。川が氾濫して「氾濫発生情報」や、「大雨特別警報」が発表されます。
 町が土砂災害などの発生を確認した場合は、「災害発生情報」を出すことがあります。
 周囲の浸水などにより、すでに避難所に移動するのが難しい状況となっている可能性があります。周囲の状況をよく確認して、自分や家族の命を守るために最善の行動をとってください。
警戒レベル4
【避難勧告】
【避難指示(緊急)】

全員避難

【避難勧告】
 速やかに避難所に避難しましょう。

【避難指示(緊急)】
 緊急に避難所に避難しましょう。
 土砂災害の危険が高まり「土砂災害警戒情報」が発表されたり、川がいつ氾濫してもおかしくない状況となり「氾濫危険情報」が発表されたりします。
 対象地域の全員が避難所など安全な場所に速やかに避難してください。
 災害が発生するおそれが極めて高い状況の際、町が「避難指示(緊急)」を出します。この時点でまだ避難していない人は直ちに避難してください。
※指定避難所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
警戒レベル3
【避難準備・
 高齢者等避難開始】


高齢者等は避難
 避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。
 その他の人は、避難の準備を整えましょう。
 「大雨・洪水警報」や川の「氾濫警戒情報」などが発生されます。
 高齢者や体の不自由な人など避難に時間がかかる人は避難を始めてください。
警戒レベル2

避難方法確認
 避難に備え、防災マップ等により自らの避難行動を確認しましょう。  気象庁が「大雨・洪水注意報」を発表するような段階です。
 自分が住んでいる場所で起こりやすい災害の種類(浸水、土砂災害等)を防災マップで調べたり、避難所や避難の経路を確かめたりしてください。
警戒レベル1  災害への心構えを高めましょう。  警報級の現象が予想されるとき、気象庁が「早期注意情報(警報級の可能性)」を発表します。


災害が起きたときのために…

【非常用持ち出しバックの内容の例】

  • 飲料水、食料品(カップめん、缶詰など)
  • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証、マイナンバーカードなど)
  • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  • ヘルメット、防災ずきん、軍手など
  • マスク、手指消毒液、体温計など
  • 懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器
  • 衣類、下着、毛布、タオル
  • 洗面用具、使い捨てカイロ、ウエットティッシュ

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

▲ページの上部へ