マイナンバー制度とは

平成25年5月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が成立しました。
この法律に基づく社会保障・税番号制度、いわゆる「マイナンバー制度」は、日本に住民票がある全ての方に、12桁の個人番号(マイナンバー)を付番し、複数の機関に存在する特定の個人の情報を同一人のものであることを確認することで、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤です。
 
■詳しくは、内閣官房のマイナンバーに関するホームページをご覧ください。

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

▲ページの上部へ