ふるさと活性化基金とは

ふるさと活性化基金とは、「ふるさと納税」をされた方の八頭町への思いを具現化することにより、皆さまと協働でまちづくりを推進するため創設されました。

〇“ふるさと納税”とは・・

 ふるさと納税とは、応援したいと思う自治体へ寄附をした場合、現在お住まいの自治体の住民税などから、その寄附金相当額が控除される制度のことで、「まちづくりを応援したい」「ふるさと発展のため、〇〇のことに特にこの寄附を使ってもらいたい」「何らかのかたちでこの自治体に貢献したい」等の気持ちをかたちにするものです。

〇ふるさと活性化基金が活用されるもの

  1. 生活安全に関する事業
  2. 健康・福祉に関する事業
  3. コミュニティに関する事業
  4. 環境保全に関する事業
  5. 農林水産業に関する事業
  6. 商工業に関する事業
  7. 教育・文化に関する事業
  8. 若桜鉄道運行に関する事業
  9. その他町長が必要と認める事業

 上記事業の説明については、活用される各種事業のページをご覧ください。

 ご寄附いただく際、その寄附金の使途を上記の事業から指定することができます。これに基づき、町では基金の積み立て・管理・処分など運用にあたっては、その意向を充分反映するように配慮し、活用していきます。また、いただいたご寄附の実績と使途を報告いたします。
 

〇ふるさと活性化基金の活用状況

実施年度 事業区分 事業内容

平成28年度

(7)教育・文化に関する事業

町内小・中学校に大型ディスプレイを設置する費用に250万円を活用しました。
詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

平成28年度

(9)その他町長が必要と認める事業

コンビニ収納システム導入費用に300万円を活用し、町税の納付環境の拡充を図っていく予定です。

 

八頭町役場 総務課
〒680-0493 鳥取県八頭郡八頭町郡家493
Tel: 0858-76-0201 FAX: 0858-73-0147