姫翠峡

 


 

 八頭町姫路集落へ向かう県道沿いにある「小耶馬渓・姫翠峡」。
 “滝”という名前は付いていないものの、八頭町随一の落差(約50m)を持つ滝である。
 「姫翠峡」という名前の由来は、安徳天皇にまつわる伝説に由来すると言われている。
 その他、「子連滝」、「彦潭」、「魚止め滑床」、「話投の滝」など、小耶馬渓には見る者を神秘の世界に引き込む水の景観がある。

目的
エリア
駐車場
小耶馬渓・姫翠峡看板付近に2台(県道沿い)
季節
春・夏・秋(冬は積雪のため通行困難)
住所
八頭町姫路
アクセス
国道29号堀越交差点から「安徳の里・姫路公園」に向かって車で約20分。

地図