若桜鉄道の歴史

1889年(明治22年)
姫路より八東郡に通じる鉄道敷設についての協議会設置の動き
1920年(大正9年)
若桜線鉄道期成同盟 結成
若桜町 錫木一次郎  池田村 本家福太郎  丹比村 武田吉蔵
1921年(大正10年6月)
鉄道省米子建設事務所内に若桜線担当所長を置く 所長 竹股一郎
1921年(大正10年8月)
鉄道省米子建設事務所内に若桜線担当技師を置く 岡田 實
1923年(大正12年4月)
鉄道省告示第61号「若桜線」(名称は5月に決まる。)を米子建設事務所所管区域に追加。
1923年(大正12年7月)
鉄道省米子建設事務所若桜線実測開始
所長 河原直文  鉄道技師増員 西野清民
測量技師 黒正種二・井口温一
1924年(大正13年6月)
鉄道省米子建設事務所若桜線線路選定完了
1927年(昭和2年12月)
若桜線着工 郡家詰所開設
所長 片桐嘉靖  担当技師 南信一・齋藤 鼎
1927年(昭和2年12月)
第1期土木工事(郡家-隼間)着工-昭和4(1929)年4月竣工
1929年(昭和4年3月)
第2期土木工事(隼-若桜間)着工-昭和5(1930)年12月竣工
1930年(昭和5年1月20日)
郡家-隼間営業開始
1930年(昭和5年12月1日)
全線開業
1932年(昭和7年2月)
安部駅開設
1943年(昭和18年11月)
鉄道省は逓信省と統合され、鉄道は運輸通信省鉄道総局へ移管
1945年(昭和20年5月)
運輸省鉄道総局へ移管
1949年(昭和24年6月)
日本国有鉄道へ移管
1953年(昭和28年)
隼駅貨物取り扱い停止
1963年(昭和38年4月)
若桜駅以外の駅における営業業務の民間委託
1974年(昭和49年10月)
若桜線全線貨物取り扱い廃止
1980年(昭和55年1月)
国鉄若桜線継続運行対策協議会結成 乗車運動開始
1980年(昭和55年12月)
日本国有鉄道経営再建促進特別措置法公布
1981年(昭和56年9月)
第1次特定地方交通線(廃線決定)
1982年(昭和57年5月)
第1回若桜線特定地方交通線対策協議会開催
1982年(昭和57年12月)
第2回若桜線特定地方交通線対策協議会開催
(経営改善計画状況説明)
1983年(昭和58年7月)
第3回若桜線特定地方交通線対策協議会開催
(旅客運送密度2000人超達成)
1985年(昭和60年4月)
船岡町は国鉄から因幡船岡駅業務を委託された。
1986年(昭和61年10月)
第7回若桜線特定地方交通線対策協議会開催
(若桜線第三セクター方式鉄道転換方針決定)
1986年(昭和61年11月)
国鉄分割民営化関連法成立
1987年(昭和62年4月)
国鉄は、JRグループに分割され、若桜線はJR西日本となる。
1987年(昭和62年8月)
若桜鉄道株式会社設立登記
1987年(昭和62年10月)
若桜鉄道株式会社営業運転開始
1994年(平成6年)
レールの重軌条化、信号の継電化
1996年(平成8年)
八頭高校前駅設置
2002年(平成14年)
徳丸駅設置
2003年(平成15年)
閉塞方式を「票券閉塞式」から「特殊自動閉塞式」に変更
2007年(平成19年8月)
兵庫県多可町からかつて若桜線を走ったことのある蒸気機関車C12

167号機の譲り受け
2007年(平成19年10月)
若桜鉄道20周年記念式典 SLの圧縮空気走行披露
2009年(平成21年4月)
上下分離方式へ移行

出展:鳥取環境大学教授(NPO市民文化財ネットワーク鳥取理事長)渡辺一正