特産品情報

・花御所柿

花御所柿

「花御所柿」は、鳥取県東部の因幡地方でのみ栽培される甘柿で、約200年前に旧郡家町花の野田五郎助翁が、大和の国から枝を持ち帰り、接ぎ木したのが始まりと伝えられています。明治42年、農林省園芸試験場長の恩田鉄弥博士がその風味を激賞し、地名から花御所柿と命名されました。花御所柿は、日本一の甘柿として全国的に高く評価され、進物用として広く親しまれています。
平成30年12月には、地理的表示(GI)保護制度に「第72号 こおげ花御所柿」として登録されました。

収穫時期 11月下旬~12月上旬

・西条柿

西条柿

豊富な種類をもつ柿の中でも「西条柿」はすぐれた品質を持っており、500年もの間、人々に愛され続けています。上品な口あたり、甘み、独特の風味が特徴です。ビタミンC、アミノ酸、カロチンなどの栄養価も高く、ヘルシーです。完全脱渋によって作り上げた、甘柿よりも一段と優れた甘さと、緻密な肉質のハーモニーをお楽しみ下さい。

収穫時期 9月下旬〜10月上旬


・二十世紀梨

二十世紀

「二十世紀梨」は鳥取県の秋の味覚として有名な青梨で、八頭町でも広く生産されています。
さっぱりとした甘さの中にさわやかな酸味のある味わいと、みずみずしい果肉が特徴です。

収穫時期 8月上旬~9月下旬

・ブランド米「神兎」

神兎袋

八頭町ブランド米「神兎」は、八頭町の豊かな自然の中で、ミネラル豊富な水を用いて育ったお米です。鳥取県特別栽培認証に基づいた厳しい安全基準で栽培し、食味と等級の基準に達したものだけを「神兎」として販売しています。
ほどよい甘味があり、ふっくらと炊ける「神兎コシヒカリ」と、モチモチとやわらかく、冷めてもおいしい「神兎きぬむすめ」の2品種を販売しています。

ホームページ
ブランド米「神兎」 一般財団法人 八頭町農業公社


各特産品の詳細な情報及びその他の特産品については、やずナビの紹介ページをご覧ください。
やずナビ 八頭町の特産品