地域包括支援センターとは

 ここでは、地域包括支援センターについての概要をご説明します。


【地域包括支援センター】



 高齢者が住み慣れた地域で いつまでも元気に生活が続けられるように、また生活の安定や健康の維持など、さまざまな課題の解決に向けた取り組みを実践していくことを目的として平成18年4月の介護保険制度改正に伴い設置されました。

 八頭町地域包括支援センターでは、保健師、ケアマネジャー(介護支援専門員)、社会福祉士が中心となり、医療機関や介護(予防)支援事業者などの地域の専門機関と連携を図りながら、高齢者をはじめとした地域で生活をされている方々に対して暮らしの支援を行っています。 



・介護予防ケアマネジメント事業(介護予防教室実施・介護予防給付による支援)
・総合相談支援事業(高齢者の実態把握・介護保険以外の生活支援サービスとの調整・相談)
・包括的・継続的ケアマネジメント事業(地域ケアマネジャーへの支援)
・権利擁護事業(高齢者の虐待・早期発見・成年後見制度・消費者被害の対応等)


▲ページの上部へ