ごみ処理後のゆくえ


集められたごみは、リサイクルされて新しく生まれ変わります!
皆様のおかげで、単なるごみとしてではなく、再資源化され、また皆様のところに返ってきます。
今後ともごみの分別回収にご協力願います。

種類

処理後の利用方法など

可燃ごみ ・焼却処理後、残渣は埋め立て。
資源ごみ ・鉄は、鋼材、缶の材料に再利用されます。
・アルミは、主にアルミ缶して再利用されます。
・ビール瓶はリターナブルビンとして再利用されます。白(透明)と茶色のビンはガラスビンに再利用されます。
再資源化できないものは、破砕されて埋め立て処理されます。
プラスチックごみ ・選別された後、粒状のペレットに精製され、プラスチック製品(公園の擬木、プラスチック製のパレットなど)の材料になっています。
・ベール品に適さない物は、固形燃料として利用されます。
小型破砕ごみ ・鉄とアルミは主に材料として再資源化されます。再利用できないものは、埋め立て処理されます。
大型資源ごみ ・鉄とアルミは主に材料として再資源化されます。再利用できないものは、埋め立て処理されます。
ペットボトル ・カーペット、絨毯、衣類などの材料に再利用さます。
白色トレイ ・ハンガー、ビデオテープのケース等に再利用されます。
乾電池 ・亜鉛マンガン系の材料(ブラウン管テレビの部品等)や、鉄系は鋼材として再利用されます。
蛍光管 ・ガラス系統(グラスウール等)に再利用されます。水銀も大学の試薬や、蛍光管として再利用されます。また、アルミ部分はアルミの材料になります。
古紙回収 ・紙の原料として再利用されます。

※どうしても再利用できない部分は、埋立処理されます。