いなばエコ・リサイクルセンター


ここでは、プラスチックごみの処理を行っています。

鳥取県東部圏域から集められたプラスチックごみは、はじめに圧縮梱包する工場に運ばれます。工場の広い場所に降ろされ、大きな異物や、素材ごとに分けます。
降ろした場所で、大きな物(プランター、風呂のフタ等)や異物を手選別で取り除きます。
  

ある程度分別されたプラスチックは、受け入れホッパーに入れられ、コンベアで破袋機に送られた後、手選別ラインに流れます。
 

手選別ライン 流れてくるプラスチックごみ 多重包装されると破袋機で破れません。

プラスチックごみを出すときは、2重に包装しないようにお願いしていますが、それはこの手選別の時に負担がかかるからです。
この手選別ラインで異物を取り除きますが、いろいろな異物が混入しています。
プラスチックごみとして回収されるのですが、カン・ビンが入っていることが多く見受けられます。
ライターや電池も混じっていますが、重いものは下に下がるので取り除きにくいそうです。
ライターやスプレー缶は火災の原因になりますので、絶対にプラスチックごみへ混ぜないでください。
弁当殻、ケチャップやマヨネーズのチューブ状のものは洗って出してください。生ものは燃えるごみへ出してください。
洗われないで汚れている物は、結局は異物として取り除かれ、可燃物として処理されることになります。


なんと刃物が混入していました!危ない!!

  
異物は種類毎に分けて取り除かれます。

種類ごとに分けられた異物。
 
医療廃棄物(注射器・チューブなど)がたまに混入することがありますが、処理できませんので、医療機関に返却してください。

手選別で異物が除かれた後は、コンベアで運ばれて、圧縮梱包されます。


上から落ちてきたプラスチックを横から圧縮して梱包します。 圧縮梱包されたプラスチック。
ベール品と呼びます。

このベール品を、同じ敷地内にあるリサイクル工場でリサイクルします。
この工場では、鳥取県東部地域以外にも、兵庫県からベール品を搬入して資源化しています。

このベール品ですが、どのように資源化されているのでしょう。
リサイクルの流れ

ベール品を解く

破砕する

土砂選別機
(異物と土砂を撤去。)

手選別
手選別で、金属、可燃物(割り箸など)を分け、種類毎に業者に出して処分しています。
最初の手選別だけでは100%取り除けないので、ここで再度異物を取り除きます。

2次破砕プラスチック分別機
水が張ってあって、破砕したプラスチックを入れると、比重を利用してプラスチックのさらに細かい種類ごとに分離できます。
資源化に適さない物は、ここで除かれて固形燃料になっています。
プラスチックはカロリーが高いので、燃料としても再利用できます。

遠心分離器

遠心分離器から出てきた物。

スクリューで熱をかけながら、製品に加工

製品(ペレット)

最終的には、粒状の製品(ペレット)になります。


 この再生ペレットは、公園の擬木、車止め、プラスチック製のパレットに生まれ変わっています。
 ペール品として入ってきたものの約50%が製品(ペレット)になり、残り50%のおよそ8割は、固形燃料などになります。プラスチックに関しては、ペレット化・固形燃料化などで可能な限りリサイクルします。
 混入された異物でどうしても再利用できないものは、焼却したり埋め立てで処分されます。