プラスチックごみ


 プラスチックごみは、さっと洗って出してください。どうしても汚れがひどい場合に、燃えるごみに出してください。回収してみると、洗わずに出されているプラスチックごみが良く出されています。
 なお、カバン、靴などの可燃物が入っていることがありますが、燃えるごみに出してください。

ポイント1

さっと洗って

 
洗ってないです。洗って出してください。

ポイント2

異物を混ぜない

プラスチックごみは、燃えるごみなどと比べると、全体的に分別が悪く、異物がよく混じっています。
  
小型破砕ごみ、ビン、ペットボトルなどが入っています。

農業資材(肥料袋)などが入っています。農業用で使用されたものは産業廃棄物になります。産業廃棄物は産業廃棄物処理業者に処理を依頼してください。(家庭菜園等で使用されたものは、ごみステーションに出せます。ただし、農薬が入っていたものは出せません。)

ポイント3

金属類は小型破砕ごみへ

プラスチックごみは、金属部分が入っているとダメです。おもちゃなどで、どうしても金属部分が取れない場合は、小型破砕ごみへ出してください。
  
鏡がついていました。小型破砕ごみです。
燃える部分は、燃えるごみに出してください。機械の部分が取れない場合は、小型破砕ごみへ出してください。


シャンプーの分別がなかなか出来ていません。シャンプーの中身が残っていることがありますので、中身を空にして中を軽く洗ってください。シャンプーのポンプの部分にはバネが使ってありますので、ポンプ部分は小型破砕ごみに出してください。

ポイント4

指定ごみ袋で出しましょう



生ごみが指定ごみ袋の中から出てきました!ものすごい悪臭を放っています!
なぜ燃えるごみに出さないのでしょうか???
わざわざプラスチックごみに隠して出ています。怪しい袋は重さが不自然だったりと、なんとなく分かります。


指定ごみ袋に入っていないと、回収しません。指定ごみ袋に入れて出しましょう。

なお、ごみ袋に入れるときは、袋を二重にしないで、一枚の指定ごみ袋に入れてください。
処理場では、機械で袋を破って中身を確認しています。このとき袋が二重になっていると、内側の袋が破れず、人の手で破ることになってしまいます。みなさまのご協力をお願いします。

本当は回収しないところですが、多少汚れている物、少しの異物は回収しているのが現実です。
なるべく回収の時に異物を取り除きますが、その時間はほとんどありません。
異物が混じると、処理場で手作業で異物を取り除くことになるので、処理する人の負担が増えてしまいます。残された物を処理する地区の人と、処理する人の間で葛藤があります。

 
ちなみに、きれいなごみステーションのごみははやはりきれいです。