無題ドキュメント

資源ごみ 


 資源ごみとは、簡単に言えば、飲んだり食べたりできる物が入っていたカン・ビンです。軽く洗って、フタを取り外してから出してください。

ポイント1

異物を混ぜない

 資源ごみは、飲食用のカン・ビンのみが対象なので、化粧品や洗剤、入浴剤などの容器は対象外(小型破砕ごみ)です。ペットフードのカンは資源ごみで出せます。

  
 小型破砕ごみが混ざっていました。資源ごみで出してもいいのは、飲食用のカン・ビンのみです。
 ※以前に比べて、化粧品のビンが良く混じっています。

 資源ごみは一度ごみ収集車に移してから中身の確認をします。異物はこの時取り除きます。

ポイント2

フタをとる

 カン・ビンのフタがかなり付いています。かなり付いていますが、回収する時はいちいち取っている暇がありません。
 フタが付いていても回収はしますが、結局ごみ処理場で取ることになってしまいます。全て手作業で外しますので、処理場の負担が増えます。フタは必ずとって出してください。

  
 カン・ビンの飲み口のところに、フタの一部が取れずに残ることがあります。とれない部分はそのままで出してください。
 ラベルは取らなくても回収しますが、なるべく取ってください。
 フタはプラスチック製ならプラスチックごみ、金属なら小型破砕ごみへ出しましょう。

ポイント2

きれいに洗う

  
 たばこがカンに入っています。このままでは資源ごみでは再生できません。たばこを取り除いて小型破砕ごみへ出してもらうか、きれいに洗ってから資源ごみに出してくさい。


汚れたカン・ビン(水路掃除などで出たカンなど)は小型破砕ごみへ。洗ってきれいになれば資源ごみへ出してください。

  
中を洗って出してください。中身が残っていると、回収できません。過去には、シンナー、ガソリン、灯油がビンの中に入っていたことがあったそうです。危険ですので、絶対にやめてください!

ポイント3

大きさに注意!

 
 資源ごみで出せる大きさは粉ミルク、一升瓶までです。菓子缶も資源ごみですが、大きな箱は、小型破砕ごみへ出してくさい。
 写真の菓子缶は、小型破砕ごみへ。のりが入ったビンも、小型破砕ごみへ。

ポイント4

缶はつぶさないで


 カンはつぶさないでください。カンとビンを一緒に回収していますが、カンがクッションの役割を果たすので、収集時にビンが割れません。つぶれたカンが入ってくると、ビンが割れやすくなります。

ポイント5

直接かごへ

  
 資源ごみは直接カゴに入れてください。袋は、回収・分別時に邪魔になります。袋から出してカゴに直接入れてください。