ごみの分別・出し方


可燃ごみ  ●町指定ごみ袋に入れて出してください。指定袋以外は収集しません。
         ※町指定ごみ袋は、町内の小売店で販売しています。


代表例

出し方の注意

生ごみは十分水切りをしてください。

不燃物は取り除いてください。

新聞、雑誌、ダンボールなどは、学校、公民館などの資源ごみ回収に出してください。

かばん、ベルトなどの付属金属類は、取り除いて出してください。

ふとん、じゅうたん等は、指定袋に入れてください。袋に入れば、切断する必要はありません。

竹ぐし、庭木の枝は、必ず折って出してください。



資源ごみ

代表例

出し方の注意

袋等に入れないで、カゴに直接入れてください。

ビンのふた、缶詰のふた、プルトップ式のふたは、すべて取り外して、小型破砕ごみに出してください。

缶はつぶさないでください。

出せる缶の大きさは100ml缶から粉ミルク缶程度までの大きさです。

出せるビンの大きさは、ドリンクビンから1升ビンの大きさです。

菓子缶で、粉ミルクの直径より大きなものは小型破砕ごみに出してください。

缶・ビンに出せないものは小型破砕ごみへ出してください。

割れたビンは、小型破砕ごみに出してください。

のりのビンや、密閉式の金具が付いているビンは、小型破砕ごみへ出してください。


プラスチックごみ ●町指定ごみ袋に入れて出してください。指定袋以外は収集しません。
            ※町指定ごみ袋は、町内の小売店で販売しています。


代表例

出し方の注意

が入ったものはプラスチックごみにだせます。

プラスチック製以外のものは取り除いてください。

汚れたものは、軽く水洗いして出してください。

ポンプ式のシャンプー容器等のポンプ部分は、外して小型破砕ごみに出してください。

ビニールホースは束ねて出してください。

スポンジは袋に入る大きさにして出してください。

金属部分が取り除けない物は小型破砕ごみに出してください。

お願い
(1)のようにごみ袋は二重にしないで、(2)のように一枚のゴミ袋に入れてください。



PETボトル

代表例

出し方の注意

透明な中身の分かる袋に入れてください。

平成20年4月からペットボトルの対象範囲が拡大されました。鳥取県東部圏域では、「清涼飲料水」、「酒類」、「醤油・醤油加工品」、「乳飲料」、「みりん・みりん風調味料」、「食酢」、「めんつゆ」です。

水洗いして、つぶさずに出してください。

しょうゆは取っ手がついている大きなものでも大丈夫です。

「ドレッシング」、「焼肉のたれ」、「ソース類」などが入った容器はプラスチックごみに出してください。

絵を描いたり工作したものなどは、プラスチックごみに出してください。



白色トレイ      ●町指定ごみ袋に入れて出してください。指定袋以外は収集しません。
            ※町指定ごみ袋は、町内の小売店で販売しています。


代表例

出し方の注意

きれいに洗って、よく乾かしてください。

角が割れるなどの多少の破損は大丈夫ですが、原型をとどめていないものはプラスチックごみへ出してください。

表面に色のついたトレイはプラスチックごみへ出してください。白いマークなどがついているときは、白色トレイとして出してください。

きのこのカップ、カップめんのカップ、たこやき、納豆の容器はプラスチックごみです。



小型破砕ごみ

代表例

出し方の注意

カゴに直接入れてください。ただし、ガラス、刃物、割れ物、電球等は、危険ですので透明な袋に入れて、出してください。(赤字で「キケン」と書いてください。)

スプレー缶類は、爆発の原因となりますので、中身を使い切り、専用の器具で必ず穴を開けて出してください。ただし、火の近くで開けないでください。

ライターのガスは抜いて出してください。
  ※使い終わった後も、時間をおいて火がつかないか何回か確認してください。

電気コードは、短く巻いて出してください。

針金等の長いものは、束ねて出してください。

化粧品容器(プラスチック製以外)は、小型破砕ごみに出してください。中身は必ず空にしてください。

注1 50cm以上のものは、大型資源ごみに出してください。
注2 木製部分は、外して可燃ごみに出してください。



乾電池類   散らからないように、1箇所にまとめて出してください。

代表例

出し方の注意

単1~単5までの筒型乾電池、9Vの角型電池のみです。

ボタン電池、充電式電池は、収集できません。販売店等にご相談ください。

蛍光管は、購入されたケースに入れて出してください。ケースがない場合は、新聞紙等で保護をして出してください。

電球型蛍光管は、蛍光管として出してください。

デジタル体温計、割れた蛍光管は小型破砕へ出してください。

割れた水銀体温計は、透明な袋に入れて乾電池類に出してください。



大型資源ごみ

代表例

出し方の注意

石油ストーブは油を抜いてから出してください。(タンク以外にもストーブ本体に油が残っている例があります。よくご確認ください。)

電化製品などの乾電池は、必ず取り除いてください。

電化製品などのコードは、短く巻いて小型破砕ごみに出してください。

木製のものや、木製などが付属のものは、収集しませんので、必ず可燃性部分を外して出してください。

家電リサイクル法に基づく製品は、出さないでください。