地籍調査事業の流れ

年目 項目 説明
1年目 事業計画の策定 事業区域の決定や公示等を行います。
一筆地調査等の準備 Aに従って関係者への説明や準備に入ります。
地籍図根三角測量 国土地理院が設置している三角点測量成果に基づいて、地籍図根三角点を設置し測量します。
地籍図根多角測量 地籍図根三角点から網図状に基準点を設置しこれを測量します。
  (CとDともにみなさんの土地を測量する重要な基準点になります。移動することのないようご協力をお願いします。)
一筆地調査 みなさんに立会していただきます。
一筆地測量 Eの結果に基づいて一筆ごとに測量します。
2年目 仮閲覧 Fの測量成果をまとめ、地籍図案を作成してその図郭線に間違いがないかどうか確認していただきます。
地積測定 Gの結果で地籍図を作成し各筆ごとの面積を測定します。
地籍簿案の作成等 EからHまでの結果により法務局に送付する簿冊を作成します。
本閲覧 法で定められた20日間、みなさんに最終的な確認をしていただきます。
  (これが最終ですので、すべての内容を確認してください。)
3年目 認証請求 町が県に成果の審査を受けます。
認証 県が成果を審査しその結果が認められることです。
法務局送付 成果を法務局に送付します。これによって登記簿と公図が書き替わります。
4年目 固定資産税台帳の改正 みなさんの土地に係る課税台帳がこの年度から書き替わります。
▲ページの上部へ