戸籍

窓口のご案内
 本庁舎  町民課 TEL.76-0211
 船岡庁舎 船岡住民課 TEL.72-0044
 八東庁舎 八東住民課 TEL.84-1222


 戸籍は、各人の出生、婚姻、転籍、死亡などを記録し、夫婦、親子の関係を公証する大切なものです。この籍を置いている場所を本籍地といいます。

こんなとき 申請に必要なもの 届出人
子どもが生まれたとき
<出生届>
○出生証明書(届書と同一の用紙で医師又は助産師に記入してもらう。)
○母子健康手帳
○健康保険証
○届出人の印鑑
次の順序で
1.父又は母
2.同居者
3.出産に立ち会った医師・助産師又はその他の者
※出生日から14日以内に届出をしてください。
死亡したとき
(妊娠4ヵ月以上の
死産を含む)
<死亡届>
○死亡診断書(届書と同一の用紙で医師に記入してもらう。)
○届出人の印鑑
次の順序で
1.同居の親族
2.同居していない親族
3.家主、地主、家屋・土地管理者
※死亡の事実を知った日から7日以内に届出をしてください。
結婚するとき
<婚姻届>
○婚姻届書
○戸籍謄本(本籍地が届出市町村と異なる時)
○夫婦両方の印鑑(別々のもの)
○未成年のときは父母の同意書
夫と妻
※証人(成年者)2名の署名・押印が必要です。
※届出の日から法律上の効力が発生します。
離婚するとき
<離婚届>
○離婚届書
○戸籍謄本(本籍地が届出市町村と異なる時)
○夫婦両方の印鑑(別々のもの)
○裁判離婚の場合は届出人の印鑑と裁判の謄本及び確定証明書
協議離婚の場合は夫及び妻
裁判離婚の場合は申立人。
(裁判確定の日から10日以内。過ぎたときは相手方からも届出可能。)
※証人(成年者)2名の署名・押印が必要です。
(裁判離婚の場合、証人は不要)
本籍を変えるとき
<転籍届>
○戸籍謄本
○届出人の印鑑
戸籍筆頭者とその配偶者
戸籍の郵送請求
をするとき
請求書(PDFファイル)
※ダウンロードしてお使いください。
○手数料分の定額小為替、または現金書留(定額小為替は郵便局で取り扱っています)
○返信用封筒(住所・氏名を記入し、切手を貼ったもの)
※たくさんの通数を請求する場合や、速達を希望される場合は、余分に切手をいれてください。
※送付の際には封筒に「不足分受取人払」と書かせていただきます。
○請求者の本人確認書類の写し(顔写真入りの公的機関発行の証明書1点又は、顔写真の入っていない公的機関発行の証明書2点)
○請求者と対象者の続柄が確認できる戸籍謄本等の写し(※請求者が記載された戸籍が八頭町にない場合)

※上記のほかに、養子縁組届、入籍届、認知届などがあります。
※虚偽の届出を防止するため、届出の際、窓口にて本人確認をさせていただきます。官公署が発行した顔写真付の身分証明書(運転免許証等)をご持参ください。
 (婚姻届、離婚届、養子縁組届、養子離縁届の場合)